医療とごぼうと香辛料について

医療機関では肥満者や肥満での病気に関しては、食事の栄養指導を受けることがあります。医療での治療とともに、普段の食事も正しくして健康へと繋げるものです。医療機関での栄養指導は、健康を取り戻すためにも大いに役立つことになります。病院の検査で特に健康に問題がない人も、普段から栄養とは向き合っておくことは大事です。

過剰な濃い味付けをしないで、美味しく食材をいただくためにも、上手に天然の香辛料を利用するのは賢い方法です。化学調味料は味付けが濃くなりがちですし、化学物資は健康にも良いとは言えません。できるだけ天然の素材を口にして、香辛料で味わいに程よいアクセントを加えて、健康管理にも美味しく役立てましょう。

ダウ表的な香辛料として思い浮かぶのは、ターメリックもそのひとつでしょう。カレーを作るときに、黄色い着色スパイスとして利用されるのは有名です。体内では消化作用を促しますし、新陳代謝の活性化もにないます。シナモンの香りは、洋菓子やドリンクでもおなじみでしょう。世界でも最古のスパイスと言われるのが、香辛料のシナモンです。

日本人にもお馴染みな生姜は、香辛料にはとどまらず、食事での食材にも使われています。生薬にもなるもので、消炎や発散、健胃などの薬効ももたらします。免疫力を向上させますから、風邪予防にもなります。

体内の免疫力を高める野菜として、ごぼうも食事には取り入れたい食材です。ごぼうのもつ薬効としては、快熱作用や動脈硬化予防、むくみや便秘の解消、高血圧予防や咳の軽減作用、美肌効果も期待できる野菜です。ごぼうには食物繊維の含有がすごいですから、便通をよくしますし、血糖値上昇を抑制させる作用もあります。