成長ホルモンの分泌促進の肥満対策で医療問題の解決

現代医療における大きな問題となっている根本原因の一つが肥満であり、それによって様々な疾患を負うリスクが高まっています。医療費の高騰の主要原因となっている多くの疾患のリスクファクターとして知られていることから、肥満対策を行っていくことは現代医療における大きな課題となっています。肥満は先進国を中心として世界的な問題となっているものの、日本においても顕著に肥満患者が増加していることから、その対策を立てることが必要になっています。現代社会においては仕事が忙しくて成人になると運動習慣がなくなってしまうことが多いというのが一つの問題であり、同時に食生活が欧米化してきたことによって高カロリーで脂質の多い食事をとることが多くなっているのがもう一つの問題として掲げられています。肥満の解消を行う上では運動療法と食事療法とを行っていくのが基本となりますが、その際に成長ホルモンについての理解があるとより効果的な肥満対策を行っていけるという見解が広まってきています。成長ホルモンが分泌されることによって脂肪代謝を代表とする代謝系が活発化されることに加え、筋肉が作られていくようになります。そのため、溜まってしまった脂肪を分解することが進み、筋肉がつくことによって基礎代謝を上昇させることができます。こういった観点から運動療法を行うことが大切であることが認識され、有酸素運動による脂肪の消費と、無酸素運動による成長ホルモンの分泌促進を並行して行っていくことが重要視されるようになってきているのが現状です。こういった医療が実施されていくことによって肥満患者が減っていくことが期待され、医療問題の解決につながっていくと考えられています。