矯正歯科でかかる費用を知っておこう

矯正歯科では歯列矯正をすることができます。
子供の時に始めることが多いですが、審美性を求めて大人になってから矯正歯科で歯列矯正をすることもあります。
歯並びが良くなるように改善することは見た目の審美性だけではなく、体全身の健康のためにも良い影響を与えることが期待できます。
また歯列矯正をすることで歯並びが悪いというコンプレックスから解放されたり、噛み合せも整うため歯ぎしりがなくなったりします。
歯磨きなどがしやすくなるため虫歯や歯周病になりにくくなり歯医者にかかることが少なくなるなどのメリットも多いです。
東京都や埼玉県、神奈川県など都会に住む女性は特に審美性を気にして矯正歯科へ行く方が多いのが現状です。

歯並びが悪い場合、誰でも矯正歯科で歯列矯正をしたいと考えても、目立つ矯正器具を装着したり、費用が高額になるため躊躇することがあります。
特に費用は高額なので矯正したいと考えても矯正できないということもあります。

矯正歯科での歯列矯正は健康保険が適用されないため自由診療です。
保険適用ではない自由診療なので歯医者や矯正歯科によって費用は異なります。

大人が歯の矯正をする場合の治療費の目安は、治療前に歯の状態などを診察して治療の流れや方法、装置などの説明を受け、レントゲンなどの検査料、診断料などで1万円~5万円前後です。
治療は選ぶ治療方法にもよりますが、表面に矯正装置をする場合は60~100万円前後、歯の裏側に装置をつける場合は110~150万円前後で、矯正期間中には通院するため、その際に矯正装置の調整や経過観察にかかる費用などがあります。
矯正装置が外れた後でも歯が元に戻らないようにする治療があり、それに1~6万円程度、定期検診やメンテナンス料として2000円~1万円程度かかります。

子供の歯列矯正は大人と比べると治療中の費用が異なり、早期の治療をすることで顎の成長をコントロールすることができるので抜歯せずに治療が可能な場合もあります。
子供の場合は矯正の治療費が安く抑えられ、治療期間も短いです。

小児矯正は一期と二期があり、一期は永久歯が生え揃うまでの期間で、費用は20~50万円程度で取り外し可能なタイプを使います。
二期は永久歯が生え揃った時期で、30~60万円程度でブラケットとワイヤーで固定します。

美容目的の矯正治療は医療費控除の対象ではありませんが、年齢や目的などにより矯正が必要と判断された場合には医療費控除が認められます。
大人でも美容のためではなく噛み合せの改善を目的とした場合には該当します。
対象とするためには歯医者による治療目的の診断書が必要になることもあるので、治療をする前に相談すると良いです。

歯並びが悪い場合、見た目だけではなく健康にも影響を与えることがあります。
自由診療なので治療費が高額になることもありますが、目的によっては医療費控除になることもあるので、矯正歯科や歯医者に相談することが大切なことです。
埼玉県にお住みの方は、八潮市の矯正歯科に相談しに行くことをおすすめします。
交通の利便性が高いところなので都心からの患者も多く、信頼できる歯医者が多いとされています。
八潮市に住んでいるなら是非活用すべき矯正歯科や歯医者がたくさんいます。